【初心者向け】「NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA」の特徴と違い[解説]

アイキャッチ画像:【初心者向け】「NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA」の特徴と違い[解説]

こんにちは、守銭道(@shusendo_info)です。

本記事では「NISA(ニーサ)」と「つみたてNISA(積立NISA)」と「ジュニアNISA」について、特徴や違い、どんな人がどれを選べば良いかを紹介します。

いっぱいあって分からない。
守銭道
そんな人向けに分かりやすく違いや特徴をまとめたよ。

このページを見られている方は「友達がNISAをしていて興味を持った」「学資保険よりもジュニアNISAやつみたてNISAが良いと聞いた」「NISAという言葉は知っているが、詳しい内容や違いが分からない」など様々だと思います。

初心者の方でも分かるように以下の流れで説明します。

NISAの概要

まずはNISAの仕組みについて説明します。

ただ、NISAの概要については大元である金融庁の説明文が分かりやすいので下記に引用します。

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。
イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)という愛称がついています。
<引用元:金融庁「NISAとは?」>

株や投資信託を買ったことがない方は馴染みがないかも知れませんが、通常は株の売買などで利益が出ると約20%も課税されてしまいます。

しかし、NISAの仕組みを使うと課税されなくなります

せっかくの利益なので、100%自分のものにしたいですよね?ぜひ、投資デビューはNISAからスタートしましょう。

ここまでだと良いことばかりのNISAですが、どんなものにもメリットとデメリットはあります。簡単にまとめると次の通りです。

【メリット】条件内なら課税されない(税制優遇)
【デメリット】損益通算できない

メリットは説明した通りですが、デメリットの「損益通算」は聞き慣れない言葉だと思います。

NISAではない通常の株取引等では、例えばA社の株取引で1万円の利益が出て、B社の株取引で1万円のマイナスだった場合、それらを通算(まとめて)考えるので、プラマイゼロということでA社の取引分は課税されません(確定申告は必要)。

しかし、NISAはこの損益通算が使えないので、マイナスになった場合の救済措置は何もありません。

ただ、この特性を理解した上で利用するNISAや投資対象を選ぶことで、マイナスになるリスクを低く抑えることができます。

3つのNISAの違い

NISAの仕組みを理解できたところで、3つの種類があるNISAについて特徴や違いを説明します。

具体的には「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3つになります。

それぞれ、利用できる人や投資対象や上限額等が異なります。

分かりやすいように表にまとめました。

3つのNISAの比較表
これが各NISAの違いになります。

表中にも書いていますが、NISAとつみたてNISAはどちらかしか選べません

年単位では切り替えることができますが、基本的にはどちらかを選ぶことになります。

各特徴について、個人的に良い点を青字、悪い点を赤字、特徴的な点を橙文字にしています。

  • 【良い点(青字)】資産形成の基本は長期投資であるため、20年という点は大きなメリットです。また、総額も一番多いです。
  • 【悪い点(赤字)】ジュニアNISA最大のデメリットは対象者である子供が18歳になるまでは引き出せないことです。
  • 【特徴的(橙字)】一見デメリットにも見える限定された投資対象と投資方法ですが、これが投資で成功するコツとなります。詳細は次の章で説明します。

つみたてNISAをオススメする理由

私がつみたてNISAをオススメする理由は、投資の基本である長期積立がしやすいからです。

NISAの概要でも説明しましたが、NISAでは損益通算ができません。

なので、マイナスになっている時に売ってしまうと損しかしません。

でも、逆に言うとマイナスの時に売らなければ良いのです。

むしろマイナスの時にこそ積立購入を続け、プラスになったときに売る

これが投資の黄金パターンです。

でも、投資期間が5年等のように短いとプラスになる前に売らなければならない可能性が高まります。

その点、つみたてNISAは20年という長期間運用できるので待てる時間が長いのです。

なぜ長期積立が良いのか、さらに知りたい方は「ドルコスト平均法」というキーワードで探すと分かりやすいと思います。

そして、つみたてNISAの投資対象が限定された投資信託・ETFになっている点ですが、これは金融庁が認めた投信信託等に限られているためです。

投資信託は6000以上存在しており、その中には手数料が高すぎたり、成績が良くない投資信託も数多くあります。

しかし、つみたてNISAで購入できる投資信託(200以下に限定)は手数料が低く、金融庁に選ばれし投信信託なので初心者の方も安心して選べると思います。

以上でNISAの解説記事を終わります。

アイキャッチ画像:【初心者向け】「投資信託」でお金の専門家に運用してもらうメリット[解説]

【初心者向け】「投資信託」でお金の専門家に運用してもらうメリット[解説]

2018年7月28日
アイキャッチ画像:初心者でも分かる【投資信託の選び方】長期保有銘柄を決める3つのポイント

初心者でも分かる【投資信託の選び方】長期保有銘柄を決める3つのポイント

2018年10月6日
アイキャッチ画像:ジュニアNISAの証券会社が【SBI証券>楽天証券】だった4つの理由

ジュニアNISAの証券会社が【SBI証券>楽天証券】だった4つの理由

2018年12月28日
アイキャッチ画像:学資保険よりオススメのつみたてNISA+生命保険

学資保険より【つみたてNISA+生命保険】がオススメ!返戻率160%も可能

2018年1月6日
アイキャッチ画像:【学資保険より学費を増やす方法】貯金+つみたてNISA+ロボアド(中学校・高校・大学向け)

【学資保険より学費を増やす方法】貯金+つみたてNISA+ロボアド(中学校・高校・大学向け)

2018年5月26日

コメントを残す