楽天証券と楽天銀行を連携!投資信託購入で【3%の楽天ポイント】とVIPを獲得

アイキャッチ画像:楽天証券と楽天銀行を連携!投資信託購入で【3%の楽天ポイント】とVIPを獲得

こんにちは、守銭道(@shusendo_info)です。

今回は楽天証券で投資信託(投信)を買って、3%の楽天ポイントを貯める方法を紹介します。

注意
楽天銀行のルール改変によって2019年6月26日以降は本記事の内容は使えません
月に3つ(同じ日に購入は1つ)までとなっています。

↓の楽天カード経由の投資信託購入なら、毎月5万円分までは1%のポイントがもらえるのでオススメです。

アイキャッチ画像:楽天証券で【楽天カード経由】の投資信託購入で楽天ポイントが貯まる方法(設定方法付き)

楽天証券で【楽天カード経由】の投資信託購入で楽天ポイントが貯まる方法(設定方法付き)

2018年10月27日
投資信託を買うだけで3%も貯まるの?
守銭道
うん、ただし条件があるから気を付ける必要があるよ。

「投資信託って何?」という方は↓の記事を読んでください。

アイキャッチ画像:【初心者向け】「投資信託」でお金の専門家に運用してもらうメリット[解説]

【初心者向け】「投資信託」でお金の専門家に運用してもらうメリット[解説]

2018年7月28日

全体的な設定手順は以下の通りです。

仕組み、メリット、注意点、各手順の詳細を説明します。

3%の楽天ポイントがもらえる仕組み

投資信託を買うだけで楽天ポイントが3%もらえる仕組みを図にしました。

必要な条件や細かい設定は必要ですが、簡単に書くと楽天銀行と楽天証券を連携し、楽天証券で投資信託を買うと【購入回数×3ポイント】がもらえるという仕組みです。

最も大切なのは楽天証券ではなく、楽天銀行側の設定です。

楽天証券の口座残高が0円の状態で、楽天証券で投資信託を買うとマネーブリッジ(連携サービス)によって楽天銀行から自動入出金スイープ)されます。

楽天銀行のハッピープログラムにエントリーしていると、自動入金が楽天銀行の取引件数としてカウントされ、取引件数×3ポイント(VIP以上)がもえらます。
マネーブリッジによる楽天ポイント獲得

メリット

楽天ポイントが3ポイント(1回)もらえる

最大のメリットは取引件数×3ポイントがもらえることです。

100円で3ポイント還元は楽天ポイントの獲得方法としても高いので、ぜひ利用して楽天ポイントを獲得しましょう。

さらに獲得した楽天ポイントのオススメの使い方は【楽天ポイントで投資信託を買う】です。

↓の記事でも紹介していますが、楽天証券では楽天ポイントで投資信託を買うことができます。

アイキャッチ画像:現金を使わずに【楽天ポイントのみ】で投資信託を買う方法(買い方付き)

現金を使わずに【楽天ポイントのみ】で投資信託を買う方法(買い方付き)

2018年2月18日

投資信託を買って楽天ポイントを貯めて、その楽天ポイントで投資信託を買って資産を増やす、雪だるま式にお金を増やしましょう。

楽天銀行のステージがVIPになる

今回の仕組みでは楽天銀行のステージをVIP以上にすることで楽天ポイント獲得率を上げています。

当然ですが、楽天銀行のVIPになると以下のような特典があります。

ATMの無料利用回数や他行振込手数料も嬉しい特典です。

ちなみにVIP会員になると、楽天銀行の口座引き落とし等の対象取引でも3ポイントがもらえます。

  • ATMの無料利用回数:5回
  • 他行振込手数料:3回
  • 楽天ポイント獲得率:3倍

注意点

VIPステージになるまでは1ポイント

20件の取引件数を稼ぐことで楽天銀行のステージをVIPにするので、設定した初月はVIPではありません。3ポイントになるのは翌月からです。

はじめて口座開設した人はベーシックなので、初月は20件×1ポイントで20ポイントになります。

1回で100円以上買う意味はない

あくまで取引件数×3ポイントなので、1回の購入で100円以上買ってももらえるポイントは変わりません

1つの投資信託を100円以上買いたい場合は、2018年10月27日からはじまる楽天カード経由で投資信託を買えるサービスを利用しましょう。

楽天カード経由で投資信託を買う方法は↓の記事で紹介しています。

アイキャッチ画像:楽天証券で【楽天カード経由】の投資信託購入で楽天ポイントが貯まる方法(設定方法付き)

楽天証券で【楽天カード経由】の投資信託購入で楽天ポイントが貯まる方法(設定方法付き)

2018年10月27日

こちらは購入金額×1%の楽天ポイントがもらえます。

楽天証券の残高は0円にする

楽天証券の残高が0円でないと、マネーブリッジによる取引件数が稼げないので注意しましょう。

特に投資信託だけでなく、楽天証券で株取引する場合等は残高が残らないようにしましょう。

我が家はそんな面倒な管理はしたくないので、株取引はSBI証券でしています。

つみたてNISAしか毎日積立はできない

本記事では「つみたてNISA」ではなく、通常の購入(特定口座)で投資信託の積立購入(毎月1回購入)を設定しました。

つみたてNISAが分からない方は↓の記事を参考にしてください。

アイキャッチ画像:【初心者向け】「NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA」の特徴と違い[解説]

【初心者向け】「NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA」の特徴と違い[解説]

2018年7月16日

ちなみに楽天証券のつみたてNISAでは【毎日積立(毎日1回購入)】が使えるので、投資信託数×営業日数分の楽天ポイントをゲットできます。つみたてNISA以外では毎月購入しかできません。

我が家も来年から楽天証券でつみたてNISAをはじめますが、今回紹介する方法では購入しません。

2018年10月から開始する【楽天カードで投資信託を買う(100円で1ポイント)】サービスで購入します

楽天ポイントの獲得率だけで判断すると、今回紹介する毎日積立で買った方が高いのですが、つみたてNISAで買いたい投資信託は5つだけなので、比較すると以下の通りになり、ポイント獲得率はほぼ同じになります。

また、毎日積立は営業日毎に買うため営業日数によって購入回数が異なります。

つみたてNISAの購入枠40万円(年間)は使い切りたいので、毎月定額で買える楽天カード経由を選択します。

  • 今回紹介した方法:330~345ポイント(22~23営業日×5つの投信×3ポイント)
  • 楽天カード経由:333ポイント(毎月33,300円の1%)

あくまで我が家の場合(買いたい投資信託が5つ、金額を管理したい)なので、6つ以上の投資信託を買う場合等は【今回紹介する方法×つみたてNISA】の方がオススメです。

設定手順

それでは実際に設定してみましょう。手順の流れは以下の通りです。

  1. 楽天銀行&楽天証券の開設
  2. マネーブリッジ(楽天銀行と楽天証券の連携)を設定
  3. ハッピープログラムにエントリー
  4. 楽天証券で投資信託の積立注文を設定(20件)

楽天銀行&楽天証券の開設

楽天銀行と楽天証券の口座を持っていない人は口座を開設しましょう。

以下サイトからそれぞれ口座開設しても良いですし、たまに楽天銀行と楽天証券を同時開設すると●●ポイントプレゼント等のキャンペーンをしているのでチェックしてみましょう。

マネーブリッジを設定

楽天銀行と楽天証券の口座開設が完了したら、マネーブリッジを設定しましょう。

マネーブリッジの設定は楽天銀行の設定サイトが分かりやすいです。

基本的には流れに沿って設定すれば良いのですが、以下2点は忘れずに設定しましょう。

  • 自動入出金(スイープ)をONにする
  • 楽天証券の自動出金設定で口座に残す金額を0円にする
自動入出金(スイープ)がOFFになっていると、投資信託が買えませんし、楽天証券の口座を0円にしておかないと取引件数が稼げません。

ハッピープログラムにエントリー

次に楽天銀行のハッピープログラムにエントリーしましょう。

1度エントリーするとずっと反映されます

設定は楽天銀行の設定サイトから行います。特に注意点はないです、さらっと設定しましょう。

楽天証券で投資信託の積立注文を設定

ここまでで土台の設定は完了です。

最後に楽天証券側で投資信託の積立購入を20件設定します。

なぜ「20件」の投資信託を買うか?ですが、ハッピープログラムで楽天銀行のステージがVIPになるための条件が【取引件数20件/月】だからです。

また、取引件数×3ポイントなので購入金額は最低料金の100円にしています。

①楽天証券にログインし、投信→積立注文を押す

楽天証券:積立注文

②購入する投資信託を選ぶ

楽天証券:投信選択

③積立注文を押す

楽天証券:積立注文押す

④注文情報を入力

以下内容で設定します。最も注意して欲しいのは引き落とし口座です。楽天銀行にしてしまうとマネーブリッジにはならず、取引件数が稼げません。証券会社を選択しましょう。

  • 引き落とし口座:証券会社(楽天銀行にすると取引件数が稼げません)
  • 積立指定日:いつでも良い
  • 積立金額:100円
  • 分配金コース:どちらでも良いが再投資型がオススメ
  • 口座区分:確定申告しないなら特定、確定申告するなら一般
  • ボーナス月の設定:しない
楽天証券:注文設定

⑤目論見書を見て、注文を確定

後は購入する投資信託の目論見書を見て、注文を確定します。

これを20回行います、大変ですが1度設定したら後はほったらかしで良いので頑張りましょう。

また「どの投資信託を選んだら良いか分からない!」という方は↓の記事で投資信託の選び方を紹介しているので参考にして下さい。

アイキャッチ画像:初心者でも分かる【投資信託の選び方】長期保有銘柄を決める3つのポイント

初心者でも分かる【投資信託の選び方】長期保有銘柄を決める3つのポイント

2018年10月6日
マネーブリッジを使った自動入金による取引件数カウントは【1日15件まで】という上限があります。

せっかく20件の投資信託を設定しても、同一日の購入にしてしまうと15件しか対象になりません。

例えば「15日に10件、20日に10件」等のように購入日を分散させましょう。

アイキャッチ画像:楽天カードと楽天銀行(マネーブリッジ)の比較記事

投資信託で楽天ポイント!楽天カードと楽天銀行(マネーブリッジ)の比較記事

2018年10月29日
アイキャッチ画像:楽天証券で【楽天カード経由】の投資信託購入で楽天ポイントが貯まる方法(設定方法付き)

楽天証券で【楽天カード経由】の投資信託購入で楽天ポイントが貯まる方法(設定方法付き)

2018年10月27日
アイキャッチ画像:簡単に自動化できる!楽天SPUの楽天ポイントを毎月+1倍にする方法【楽天証券】

簡単に自動化できる!楽天SPUの楽天ポイントを毎月+1倍にする方法【楽天証券】

2018年12月5日
アイキャッチ画像:現金を使わずに【楽天ポイントのみ】で投資信託を買う方法(買い方付き)

現金を使わずに【楽天ポイントのみ】で投資信託を買う方法(買い方付き)

2018年2月18日
アイキャッチ画像:ジュニアNISAの証券会社が【SBI証券>楽天証券】だった4つの理由

ジュニアNISAの証券会社が【SBI証券>楽天証券】だった4つの理由

2018年12月28日

コメントを残す