楽天証券で【楽天カード経由】の投資信託購入で楽天ポイントが貯まる方法(設定方法付き)

アイキャッチ画像:楽天証券で【楽天カード経由】の投資信託購入で楽天ポイントが貯まる方法(設定方法付き)

こんにちは、守銭道(@shusendo_info)です。

今回は楽天証券で、楽天カード経由で投資信託(投信)を買うだけで楽天ポイントが貯まる方法を紹介します。

楽天カードで投資信託が買えるの?
守銭道
うん、もちろん楽天ポイントも貯まるよ!

「投資信託」自体が分からない方は↓の記事を参考にしてください。

アイキャッチ画像:【初心者向け】「投資信託」でお金の専門家に運用してもらうメリット[解説]

【初心者向け】「投資信託」でお金の専門家に運用してもらうメリット[解説]

2018年7月28日

楽天銀行と連携して投資信託の購入時に3%の楽天ポイントを貯める方法は↓の記事にまとめています。

アイキャッチ画像:楽天証券と楽天銀行を連携!投資信託購入で【3%の楽天ポイント】とVIPを獲得

楽天証券と楽天銀行を連携!投資信託購入で【3%の楽天ポイント】とVIPを獲得

2018年10月18日

今回はあくまで楽天カードを使った投資信託の買い方の紹介です。

以降は仕組み、メリット、注意点、実際の設定手順を説明します。

楽天証券が楽天カード支払いに対応

楽天カードで投資信託購入
最近何かと神対応が多い楽天証券が新たな神サービスを2018年10月28日から開始しました。

なんと楽天カードで投資信託が買えるようになりました。

もちろん楽天カードで買うので1%の楽天ポイント(通常)がもらえます

↓の記事でも紹介しましたが、楽天ポイントで投資信託が買えるので【楽天カードで投資信託を買う→得られた楽天ポイントでさらに投資信託を買う→投資信託で資産が増える】というお金が生まれる仕組みを作ることができます。

アイキャッチ画像:現金を使わずに【楽天ポイントのみ】で投資信託を買う方法(買い方付き)

現金を使わずに【楽天ポイントのみ】で投資信託を買う方法(買い方付き)

2018年2月18日

メリット

楽天ポイントが1%もらえる

最大のメリットは投資信託購入額の1%分の楽天ポイント(通常)がもらえることです。

この方法で買う場合と通常の方法で買う場合は、買った時点で1%の差が生まれるということです。

今回の方法と似ている仕組みとして、楽天銀行と連携(マネーブリッジ)させて楽天ポイントを獲得する方法を↓の記事で紹介しました。

アイキャッチ画像:楽天証券と楽天銀行を連携!投資信託購入で【3%の楽天ポイント】とVIPを獲得

楽天証券と楽天銀行を連携!投資信託購入で【3%の楽天ポイント】とVIPを獲得

2018年10月18日

2つは楽天証券で楽天ポイントを獲得する方法で、似ているのですが違いを簡単にまとめると以下になります。

  • マネーブリッジ取引1件で楽天ポイントを3ポイント獲得
  • 楽天カード経由購入金額の1%分の楽天ポイントを獲得
1つの投資信託を200円以上買うのであれば、マネーブリッジは100円のみにし、残りは楽天カード経由で買うと最大効率で楽天ポイントを獲得できます。

つみたてNISAでも使える

楽天カード経由の投資信託購入は、一般口座でも特定口座でも買えますし、NISAやつみたてNISAでも使える仕組みです。

利益分を節税しながら、さらに楽天ポイントまで貯められます。

さらに楽天ポイントを使った投資信託購入は、つみたてNISAでも使えるので、楽天ポイントをグルグル回して使い倒しましょう。

注意点

上限額は5万円/月

メリットが多い楽天カード経由での投資信託購入ですが、上限額が1ヶ月で5万円までなので注意が必要です。

例えば、つみたてNISAで使うのであれば1ヶ月分が33,300円なので、残りは16,700円になります。

我が家は夫側のつみたてNISA口座は楽天証券ではじめるので、33,300円はつみたてNISAに使って、残りは将来の医療費用等の投資信託購入に使います。

つみたてNISAでも毎月積立のみ

楽天証券のつみたてNISAと言えば、マネーブリッジで楽天銀行と連携させて毎日積立をすることで効率的に楽天ポイントを獲得できることで有名です。

しかし、今回の楽天カード経由での投資信託購入は毎月積立のみです。

あくまで月に1回、指定した投資信託を購入し、その1%を楽天ポイントがもらえるという仕組みです。

どうしても、毎日積立で大量の投資信託を指定して、大量の楽天ポイントを獲得したい方はマネーブリッジの方法を選択しましょう。

設定手順

楽天証券&楽天カードの開設

楽天カードと楽天証券の口座を持っていない人は作成・口座開設をしましょう。

以下サイトからそれぞれ作成・口座開設しても良いですし、●●ポイントプレゼント等のキャンペーンを活用するのもアリです。

楽天証券で投資信託の積立注文を設定

①楽天証券にログインし、投信→積立注文を洗濯

楽天証券のカード決済(設定1)

②購入する投資信託を探す

購入する投資信託を探します。画像では名前検索していますが、普通は楽天スーパーサーチを使って条件で探します。投資信託の選び方が分からない方は過去の記事を参考にしてください。
楽天証券のカード決済(設定2)

③購入する投資信託を選択

楽天証券のカード決済(設定3)

④積立注文を選択

楽天証券のカード決済(設定4)

つみたてNISAで注文する場合は「(つみたてNISA)積立注文」をクリックしてください。

⑤楽天カードクレジット決済を選択

楽天証券のカード決済(設定5)

⑥楽天カードの情報を登録

楽天証券のカード決済(設定6)

⑦積立金額を入力

積立金額を入力します。今回は医療費用の投資信託(2,000円)なので、マネーブリッジの100円分を差し引いた1,900円を設定します。
楽天証券のカード決済(設定7)

上限額が5万円なので、つみたてNISAも楽天カードで購入する人は合計額が5万円を超えないように計算しましょう。

⑧楽天ポイントの利用有無を選択(使う場合)

もし購入時に楽天ポイント(通常)も使う場合はここで設定します。

ポイントは「全部使う」「一部使う」が選択できます。

我が家は楽天ポイントは楽天ポイントだけで投資信託を買っているので今回は設定しません。

楽天ポイントによる投資信託の買い方は過去の記事を読んでください。
楽天証券のカード決済(設定8)

⑨分配金コースと口座の選択

楽天証券のカード決済(設定9-1) 楽天証券のカード決済(設定9-2)

⑩目論見書の確認

楽天証券のカード決済(設定10-1) 楽天証券のカード決済(設定10-2)

⑪注文の確定

楽天証券のカード決済(設定11)

⑫設定確認

⑪までで設定は終わっていますが、念の為に設定できているか確認しましょう。

画面上部のメニューから投資信託→積立注文→設定紹介・訂正・解除を選択すると、以下の画面になるのでクレジットカード決済設定状況で設定した額が反映されていることを確認しましょう。
楽天証券のカード決済(設定12)

アイキャッチ画像:楽天カードと楽天銀行(マネーブリッジ)の比較記事

投資信託で楽天ポイント!楽天カードと楽天銀行(マネーブリッジ)の比較記事

2018年10月29日
アイキャッチ画像:楽天証券と楽天銀行を連携!投資信託購入で【3%の楽天ポイント】とVIPを獲得

楽天証券と楽天銀行を連携!投資信託購入で【3%の楽天ポイント】とVIPを獲得

2018年10月18日
アイキャッチ画像:簡単に自動化できる!楽天SPUの楽天ポイントを毎月+1倍にする方法【楽天証券】

簡単に自動化できる!楽天SPUの楽天ポイントを毎月+1倍にする方法【楽天証券】

2018年12月5日
アイキャッチ画像:現金を使わずに【楽天ポイントのみ】で投資信託を買う方法(買い方付き)

現金を使わずに【楽天ポイントのみ】で投資信託を買う方法(買い方付き)

2018年2月18日
アイキャッチ画像:ジュニアNISAの証券会社が【SBI証券>楽天証券】だった4つの理由

ジュニアNISAの証券会社が【SBI証券>楽天証券】だった4つの理由

2018年12月28日

コメントを残す