年賀状をやめたい方へ!我が家が年賀状をやめた3つの理由(習慣の断捨離)

アイキャッチ画像:年賀状をやめたい方へ!我が家が年賀状をやめた3つの理由(習慣の断捨離)

こんにちは、守銭道(@shusendo_info)です。

我が家は2019年の正月から年賀状を出すことをやめました

なんで年賀状やめるの?
守銭道
SNSやフォトブックがあるからだよ。

今回はその理由を紹介しつつ、ビジネス等の関係上で年賀状がやめられない人向けにオススメの年賀状節約術を紹介します。

我が家が年賀状を止めた理由

誰に年賀状を出していますか?

年賀状
まずは誰に年賀状を出しているか整理しましょう。去年の年賀状を引っ張り出してきて、分類してみましょう。概ね以下のようになるのではないでしょうか。

  • 友人・知人
  • 家族(遠方)・親族
  • ビジネス
  • 店舗や保険会社等(もらうだけ)

家族がいれば、家族それぞれに上記のような分類ができると思います。

年賀状を出す理由

子供の写真
誰に年賀状を出しているか整理できたら、それらの人に年賀状を出している理由を考えてみましょう。例えば、私の場合は以下の理由でした。

  1. 友人・知人:近況を知って欲しい。慣例で出していた。
  2. 家族(遠方)・親族:孫の写真を見せる。慣例で出していた。
  3. ビジネス:慣例で出していた。

全てに共通していたのは「慣例で出していた」ということでした。

「毎年送っているから送る」「送らなかったら喪中と思われるのでは?」等の理由で止めにくいだけでした。

相手はそんなに気にしていません、「あの人は年賀状を送らないから付き合いを止めよう」なんて人はほぼいないでしょうし、そんな人との付き合いは止めた方が楽だと思います。

続いて、友人・知人向けに「近況を知って欲しい」ですが、ほとんどの友人はSNS(FacebookやInstagram、LINE(タイムライン)、Twitter等)で繋がっているので、お互いの近況は知っています。あえて紙媒体で少ない情報を送る必要はないでしょう。

家族や親族に「孫やひ孫の写真を見せたい」というのは、実は最後まで悩んだ理由でした。

ただ、最近は「みてね」等のアプリで親に写真を共有しています。そして、親経由でおじいちゃんおばあちゃんも閲覧しているようです。

また、年に1~2回はフォトブックを送っているので、年賀状で数枚見せる意味はないと判断しました。最近のフォトブックは1冊500円から作れます。

年賀状に掛かるコスト

年賀状を出す理由で考えても止めるには十分ですが、さらに年賀状に掛かるコストも考えてみましょう。年賀状を出すためには通常は以下のコストが掛かります。

  • 年賀状:62円/枚
  • 印刷(プリンタ、インク):1万~1万5千円

年賀状は2019年用から62円に値上げされました。出す意味がなくなりつつある上に、値上げとなれば止めるしかないですね。

年賀状(ハガキ)のコストだけで50人で3,100円、100人で6,200円です、1枚の単価が安くても総額は結構な額になりますし、毎年続けるとかなりのコストです。

また、プリンタについては「年賀状以外にプリンタを使っていますか?」と質問したいです。

もし回答が「はい」なら、年に1回の年賀状印刷のために数年に1回プリンタを買っていることになります。

さらに「いざ印刷しようとするとインクが根詰まりしていた」なんていうのもあるあるではないでしょうか。

年賀状を印刷しないなら、日常生活で印刷したければコンビニで簡単に印刷できますし、モノクロレーザープリンタも安くなっているので根詰まりの心配なく、速く安く印刷できます。

我が家は数年前からモノクロレーザープリンタを使っていますが、結構印刷していますがトナーはまだ交換したことがありません。ふるさと納税時のマイナンバーカードのコピー等に使っています。

まとめ

長くなったのでまとめると、我が家が年賀状を止めた理由は以下の2点です。

  • 出す理由がなくなった(近況報告や孫の写真は別の方法を取るため)
  • コスト削減

年賀状の節約術

プリンタがいらない方法

どうしてもビジネス上の付き合いや頑固な親族がいる等で年賀状が止められない人もいると思います。

そんな方には我が家がここ数年利用していたウェブポというサービスを紹介します。これはインターネット上で年賀状を作成し、投函まで代行してくれるサービスです。

写真もアップロードできるので、子供の写真を入れることもできますし、住所録も1度入力すれば次年度以降は入力する必要はありません。また、個別に違う文字を入れることもできます。

コストとしては、ハガキ代に加えて、印刷代(50円~78円程度)が必要になります。例えば、50枚の年賀状を出す場合の印刷代は2,700円です。プリンタを買うよりは安いですし、印刷や投函はすべて代行してくれます。

以上です、あまり古い習慣に縛られず、「自分や家族は何を大切にしたいのか」を考えて重視しましょう!

アイキャッチ画像:タバコをやめたい人へ!禁煙すると家が買える?【禁煙効果は1,700万円以上】

タバコをやめたい人へ!禁煙すると家が買える?【禁煙効果は1,700万円以上】

2018年6月29日
アイキャッチ画像:宝くじを買う勇気があるなら投資しよう!宝くじをやめれば世界一周できる?

宝くじを買う勇気があるなら投資しよう!宝くじをやめれば世界一周できる?

2018年7月27日
アイキャッチ画像:奨学金の【報奨金】をもらう方法!無利子の人は繰り上げ返済しよう!

奨学金の【報奨金】をもらう方法!無利子の人は繰り上げ返済しよう!

2018年8月18日
アイキャッチ画像:カーシェアリング歴3年!自家用車を捨てると年間100万の節約術

カーシェアリング歴3年!自家用車を捨てると年間100万円も節約できる

2017年11月26日
アイキャッチ画像:コンビニATM手数料と振込手数料を無料に!オススメの厳選3銀行

コンビニATM手数料と振込手数料を無料に!オススメの厳選3銀行

2018年2月4日

コメントを残す